テスラと他の国産電気自動車

昨日の土曜日は先日記事にした弊社のスタッフCMさんの孫の習い事があって、彼女は16時くらいに会社をでました。
数ヶ月間いつもMEGAモール(印象城)についてからすぐに3階の炭焼き焼肉も含めたいろんなものがある食べ放題の店で番号をとって順番を待つのですが、一度も閉店22時半(土曜日)の閉店2時間前までに席が取れたことがありません。もし取れたら電話するので僕も地下鉄で来るように言われていました。
たぶんダメだろうと思っていたら18時くらいに電話がかかってきて、近くにいた順番の回ってきた人が用事で食べれなくなって、たまたまその番号をもらったらしく、すぐに来るようにと!

大人は一人130元(日本円で2200円くらい)、2時間の時間制限があるので慌てて高そうな肉をとって食べましたが、途中で全部見て回ったら 四川風、広東風、潮州風〜点心、果物、酒、刺身にデザート類までものすごい種類だし味もまずまずなので、さすがに外にものすごい人がまだ順番を待っていました。次に行くときは もっと何を食べるか考えていかないとダメですね。

時間内に食べれるだけ食べて、LEGOの教室で授業が終わるのを待って帰るとき テスラの販売店があったので寄って話を聞いてみました。

実はCMさんのお姉さん夫婦、以前は一緒に働いてくれていて 今はもう退職していますが、去年の5月にテスラを購入していて、写真の新しいモデルYと値段がそんなに変わらないので、興味もあったので色々質問していました。

実際僕が主に蘇州の工場への往復に使う、すでに25万キロ以上走っている7人乗りの中国国産ガソリン車の“BYD”(BI YA DI)はもうボロボロでCMさんにも次買うなら電気自動車だと言われていて、確かに元々の中国の車の価格からしたら安いです。

電気自動車は上海のプレートナンバーもタダなので、新たに上海でガソリン車を買う場合のこの上海プレートナンバー代(今は約9万元ですが、ガソリン車の上海での制限で簡単に手に入らない)は必要ありません。

つまり僕らの会社のボロボロの車の価値が全くなくても、この上海のガソリン車のプレートナンバーを売って安い方のテスラを買えば約25万元(日本円450万くらい)だという事です。車の価格は確かに下がっています。

別にお金の余裕があるわけではないですが、話を聞いていると昔の車の値段からしたら安いので、これもいいか?ただ、僕が貧乏性だからですが、車に500万円はなんか勿体無い、、。しかも こんないい車 交通ルールとかうるさくなって事故も少なくなってきているとはいえ、こすったりしたら多分相当ショックだと思うし。。でも将来的にかかるガソリン代を考えると僕らの場合は絶対に電気自動車の方が得です。

これは余談ですが、日本とはちょっと違う面白い光景は、僕も半袖ポロシャツ 半ズボン、サンダルで、CMさんのお姉さんの旦那も同じ、僕らみたいな格好の人が他にも何人もいてあれやこれやとなんの遠慮もなしに販売員に聞いています。なんか高級車を買うような感じではないですよね。販売員の人も別に気にもしないし、普通のことなので、全ての人にちゃんと答えている。そもそも今までの車の価格と比べたら高級車というほど高くはないですが、まあ格好なんかどうでもいいですよね。

よくあるニュースで、『国として全電気の自動車を推進するという方向になった、それでテスラは一人勝ちをししていた、しかし、他の国産自動車会社が巻き返しを計っている。。。』

それで下の階の車の販売店を見に行ったら、いろんな会社が全電気の自動車を出している。しかもテスラよりも安い値段で。

これも電気自動車販売店

その中の一つ、写真のAIWAYS(愛馳)というのを見せてもらっていいと思いました。デザインもいいと思うし、中のシートもテスラより気持ちいいし、広い。

安いしいいと思ったAIWAYS

こんな会社あったのかも知りませんでしたが、EU用に販売されていた電気自動車でした。

電気自動車のグリーンの上海ナンバー込みで 23万元。今の僕らのボロ車の上海ナンバーを売って買えば日本円だと260万円くらいで済みます。この大きさこれで済むなら??という感じですが、CMさんに前にも言われたのは、
今のボロ車で蘇州の往復 4〜5回、そのほかにも走ったとしてガソリン代1ヶ月1300元くらいで 5000キロ走ったら“保養”と言って車を点検に出さないといけない(これは電気自動車には必要ありません)。25万キロ以上走っているボロの車だと、この点検の時に修理費用とかが出てくる、前回それで1900元かかっている。ということは今のボロ車が月2000元くらいの維持費がかかっているとします。
話を聞いたら、この電気自動車を買ったとすると、10万元2年無利子で分割払いができると説明をされたので、それ以外の金額を払ったとしたら、1ヶ月約4200元(日本円で7万円くらい)の支払い。ということは、充電にかかる電気代はそれほどでもないので、今すぐ車を買う方が得かもしれない、、ということも言えます。乗れなくなるまで乗ろうと言うのは間違った考えかもしれません。

それはそれとして、これは僕が感じただけかもしれませんが、
『テスラ以外の自動車会社が、国の方針にも不満たらたらで、テスラの足を引っ張っているという感じだったのが、この1年以内 猛スピードで開発してきたのではないか』ということです。
電気自動車に舵を切ったので、うちの会社で結構長く働いている女性の夫は上海大衆(ワーゲン)で働いていますが、会社は結構なリストラをしているというような現象も起こっています。

当然 充電の問題があるので僕が毎週行っている蘇州の郊外などでは全電気どころか、一部電気の車を見ることも少ないです。今すぐにすべての車が電気になるというわけではないですが、できるところから先にやっていくというのは、中国の特徴ではないかと思います。テスラは“咬ませ犬”なのか?はわかりませんが、今後急激に他社も変化していき、おそらく世界一の電気自動車の国、になるでしょう。

先日 スズキの下請け工場を経営している静岡の友人が、これから電気自動車になっていくと、会社はどうなるのかと言っていました。当然スズキやトヨタも手は打っていると思います。別に中国にならって、というようなえらそうなことを言うつもりはないですが、この中国の方向転換は参考になるのではないでしょうか。

それと、これはつまらない僕の雑談ですけど、嘉定区に引っ越してきた時と今の CMさんの住んでるマンションの地下の駐車場をみて思うのは、僕らの会社のボロ車が、駐車している全ての車の中で、多分一番安物のボロかも? 今はテスラが何台あるか?最低15台はあると思う、、、ベンツやBMW、キャデラックもあちこち見るし、そこだけ見るとなんか自分が一番貧乏人みたい。。まあ金があってもマセラッティとか買うわけではないし、中国の人は人がどんな車乗っていようが気にもしないけど、これだけ高級車がとまっているとなんか悔しいというかせめて仕事は頑張って負けないように!って思いますよね。バブルだとか、立ち退きで金があって親が買ってくれたとか、そう言うのもあるけど、今はそれだけじゃないですよね。若い優秀な人たちはこれくらいのお金払っていけますよね。

まあこういうつまらない劣等感も 今まで力になって仕事もやってこれたとも言えますが、もっと余裕ができるくらい仕事で結果を出さないとダメですね。まだまだ頑張らねば!!
そして静岡の友人にもこれから来るであろう変化に 早めに手を打って乗り切ってもらいたい!

2021年6月27日

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG